先生・生徒の声

生徒の声(普通科Ⅱコース)

渡邉 太一(2年生・今治市立大三島中学校)

渡邉 太一(2年生・今治市立大三島中学校卒)

私が普通科Ⅱコースを志望した理由は、自分のペースで頑張れる場所がここしかないと思ったからです。中学校の最初の頃は体調不良が原因で欠席がちでしたが、だんだんと欠席数が多くなるうちに1人で過ごす時間の方が自分らしく過ごすことができていると感じ、無理をしてまで学校に行くのが嫌になっていました。それでも進路について考えたとき、高校では楽しく過ごしたいと思い、普通科Ⅱコースの学校説明会に参加をし、先生からの説明を聞いているうちに、ここなら頑張れると感じ、受験しました。いざ入学してみると、自分と同じような不安や悩みを抱えた同級生が多くいて、親近感を感じました。中学時代は体力面や精神的なことで休みがちになったり、他にもいろいろなことがありましたが、高校での一年間はなんとか乗り越えることができました。
現在、中学生の時には思い描くことのできなかった充実した学校生活を送ることができています。


村越 美来(2年生・愛媛県立今治東中等教育学校)

村越 美来(2年生・愛媛県立今治東中等教育学校卒)

私は中学時代、学校にほとんど登校することができませんでした。高校を決める際も通信制を考えていましたが、私には将来の夢があり、どうすることが良いのか正直迷っている中、この学校を見つけました。1年生の間は登校時間が1時間遅いことや、学校生活に慣れることを配慮したカリキュラムであることを知り、「ここなら私でもまた学校に通えるようになるかもしれない。もう一度学校生活に挑戦してみよう。」と思い、入学を決意しました。
入学当初は多くの不安を抱えていましたが、すぐに優しい友人もでき、先生方も優しく、自分のペースで学校生活に慣れていく事ができました。今では中学時代より欠席が大幅に減り、前の自分よりも前向きになれました。
これからも自分の夢に向かって頑張っていきます。そして、中学時代にできなかった、学校でのいろいろな経験をしていきたいです。


先生の声(普通科Ⅱコース)

大田 竜一教諭

大田竜一(普通科Ⅱ教員)

関東のまだまだ田舎だった町で育った私は、鬱蒼とした竹やぶを抜け、田んぼを横目に進む道を歩いて小学校へ通っていました。そこは日々変化にあふれていて、大好きなアニメ映画のポスターが一夜にして竹藪の中に見えなくなったり、昨日は咲いていなかった花が一斉にあぜ道を色付けたりするのを目の当たりにしていました。そうして、その変化の一つ一つに気がつくことで、自分の生きる世界が少しずつ広がっていくような気がしたものです。
今、子供たちが生きる社会は、何かとせわしなく、私が子供だった頃と比べると、こういった変化に気がつくだけの余裕がないように感じられます。昨日と今日に違いはなく、ただ連綿と「今」が続いていくような感覚では、毎日が面白く感じられないのも仕方がないように思います。ですから、私は、日々の変化に一つでも多く気がついてもらえるよう、自分が見つけた変化などを、授業を通してできるだけ生徒に話すようにしています。そうやって、日々の変化に気がつき、昨日と違う今日を知り、今日と違う明日を思う生徒になって欲しいと考えています。