先生・生徒の声

生徒の声(調理科)

村上 日菜(3年生 今治市立大島中学校)

村上 日菜(3年生 今治市立大島中学校)

調理科では、調理技術はもちろん、食事のマナーなどの礼儀作法、返事や挨拶など、調理以外のことも学ぶことができ、心身共に成長させることができます。
2年生の検定では、1年生のときより繊細で難しく、くじけそうになったこともありましたが、周りの先生や友達に支えられ、無事合格することができました。また、保護者招待日や、ひな祭り料理では、普段お世話になっている保護者の方や、先生方に日頃の感謝を込めて、料理をふるまい、2年間で培った技術を披露できたことは自信になりました。
3年生では、今より難しくなり、くじけそうになることもあると思いますが、自分の夢に近づけることができるように精一杯頑張っていこうと思います。


安部 こころ(2年生 今治市立大西中学校)

安部 こころ(2年生 今治市立大西中学校)

私は、幼い頃から料理が好きで、将来パティシエになりたいという夢がありました。そのため、調理科のある今治精華高校に入学しました。
1年生の実習では中国料理を学びながら、今治国際ホテルの先生に包丁の持ち方や切り方などを基礎から丁寧に教えていただき、入学当初よりも自分の料理のレベルがはるかに上がったと実感しています。座学や筆記では、聞いたことのない単語や覚えることが多くて大変ですが、知らなかったことを理解することにすごくやりがいを感じています。
2年生になることで実習内容や学習内容が変わりますが、基礎を大切にし、皆が「おいしい」と言ってくれる料理を作れるように、これからも頑張りたいです。


先生の声(調理科)

宮岡 里菜 教諭

宮岡 里菜教諭

本校調理科では、卒業と同時に調理師免許取得できることが一番の魅力です。一年生で中国料理、二年生で日本料理、三年生で西洋料理について、専門の調理師の先生に技術指導していただき、幅広く調理技術を学ぶことができます。調理科では生徒一人ひとりの成長が作品として目に見えるように、様々な行事を取り入れています。中でも「保護者招待日」は保護者の方に好評を頂いています。学年ごとに保護者を招いて、豪華で華やかな料理を振舞います。見た目、味ともに生徒の成長が感じられる場になっています。他にも、集団給食、食育教室、精華祭、ブッシュドノエルコンクール、中華料理パーティー、ひな祭り料理、各学年での調理技術検定など一年間を通して様々な調理体験を行うことができます。
また調理科では食事のマナーや礼儀作法、返事や挨拶など、調理技術だけではない細やかな部分の指導も行っています。調理科で3年間学ぶことで、生徒一人ひとりの就職や進学先に繋がる多くの事を身に付けることができます。調理科の合言葉は「努力あるのみ」努力して充実した高校生活を送りましょう。