先生・生徒の声

生徒の声(普通科Ⅰコース)

水口 幸大(北条北中)

水口 幸大(北条北中)

今治精華高等学校のテニス部に入部したいと思い、この学校に入学しました。中学校では他のスポーツをしていましたが、小学生の頃に出会った本校テニス部の顧問の先生に憧れ、その先生の下でテニスをしたいと思いました。
入学当初は友達ができるか、勉強について行けるかなど不安な点が多くありました。しかし、学校生活を送っていくにつれて自然と友人が増え、定期考査前には友人と教え合いながら勉強するようになりました。また、学校行事では、クラスメイトと助け合いながら取り組むことで、協力して1つのものを作り上げる楽しさを学びました。
私はこの一年間、勉学だけでなく、部活動にも常に向上心を持って取り組むことができました。特に、部活動では毎日の練習にチームメイトと一緒に取り組むことで、チーム全体が成長できたと思います。部活動を通して相手への礼儀の大切さを改めて感じることもできました。今後も部活と勉学を両立させつつ、卒業後の進路にも目を向けていきたいです。


髙橋 杏奈(松山北中)

髙橋 杏奈(松山北中)

中学生の頃から今治精華高校剣道部の魅力に惹かれ、この高校で剣道を続けたいと思い、今治精華高校へ進学しました。入学してからは、「頂点を目指し、自分を高める日々」をモットーに、文武両道を目指して日々精進しています。チームメイトやクラスメイトは部活へのモチベーションや意識が高いため、他の部活動であっても互いに応援しあい、切磋琢磨しています。
学校生活では、クラスの人数が少ないからこそみんなと協力して球技大会や体育祭といった行事に臨むことができ、仲をより深めることができます。また、授業では、先生方が親身になって最後まで教えてくださり、学力向上に努めることができました。
2年生でも、将来の夢へ近づくために勉学に励み、文武共に目先の勝利だけではなく人間性も含めて成長していける学校生活を送っていきます。


先生の声(普通科Ⅰコース)

野村 建之 教諭

野村 建之 教諭

「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」
松浦静山の剣術書『剣談』の中の言葉です。これは、「道にしたがい、道をまもれば、勇ましさがなくても必ず勝ち、道に背けば必ず負ける」ということを説いています。この「道」とは「人として行うべき正しい道」という意味になるのではないでしょうか。
社会では人としての総合力、人間力が問われます。今治精華高等学校では高校生活を通して、人として成長できるようにサポートしていきます。