人権映画鑑賞&文化祭に向けて

人権映画鑑賞&文化祭に向けて

   10月に入り、かなり肌寒くなってきました。生徒たちも冬服移行期間となり、冬服を着て登校する生徒も増えてきました。

 

 10月8日(木) この日は、人権映画鑑賞を行いました。鑑賞した作品は、ドキュメンタリー映画『風の舞』は、幼くしてハンセン病を発病し、13歳で国立療養所大島青松園に隔離収容された、塔和子さんの記録と体験話を基に、人間の尊厳を問う内容でした。生徒たちの多くが、ハンセン病についてよく知らないということで、今回の鑑賞後に書かれたアンケートには、生徒たちも真剣に向き合うことができました。

 

 

 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため精華祭は中止となりましたが、10末日に文化祭が行われます(一般公開はしません)。普通科Ⅱコースでは、1、2、3年のⅡコースの生徒たちが協力してお化け屋敷を行う予定となっております。現在は、3年生が中心となって協力して準備・作成を行っています。